共分散構造分析 Amos編

さてさて。久々の本の紹介。
実は、昨日発売日だったのだけど、売ってなかったのでしょんぼり。でも今日は店頭に並んでました。
統計の本を発売日から楽しみにするとか、ゲームじゃないんだからと自分に突っ込んでるんですが、楽しみなのでした。

共分散構造分析 Amos編―構造方程式モデリング 共分散構造分析 Amos編―構造方程式モデリング
豊田 秀樹 (2007/05)
東京図書

この商品の詳細を見る

まだパラパラとしか見てないのですが、非常にいい本です。こういう本がほしかった。Amosによる共分散構造分析がほぼ網羅的に書かれています。もう何をどうしたらいいのかもバッチリです。
それに、「このオプションは何につかんだろう・・・?」というのがAmosにはいっぱいあったんだけど、それらもかなり解決しました。今からもゆっくり読みます。
共分散構造分析の入門としても、解説としても、さらなる知識を深めるためにも、有効な本だと思います。ほめすぎ?

This entry was posted in 本の紹介. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Note: 他の人のコメントに返信したい場合は,[Reply to 名前] のボタンを押してください