今週の対人社会心理学フォーラム

さて、今週の土曜日(20日)は、阪大対人社会心理学研究室主催の、対人社会心理学フォーラムです。
今回は広島大学の浦先生が来て下さいます。
テーマは、社会的痛みの重層性についてだそうです。楽しみなので宣伝をしておきます。
詳しい内容に興味ある人は続きをどうぞ。


○第 21回対人社会心理学フォーラム
日 時:2007年 10月20日(土) 15:00開始
場 所:大阪大学大学院人間科学研究科 本館3階33教室(予定)
発表者: 浦 光博 氏(広島大学大学院総合科学研究科教授)
社会的痛みの重層性に関する行動科学的検討
概要
社会的な拒否・排斥は人の心に痛みをもたらす。現在、報告者はこの現象に対してミクロ・マクロの観点から多面的なアプローチを試みている。今回のフォーラムでは、マクロな観点からの研究として、相対的所得仮説の観点から行った分析の結果を報告する。また、ミクロな観点からの研究として、社会的痛みについての社会心理生理学に関する先行研究を紹介するとともに、計画中の研究の概要を報告する。

This entry was posted in 研究生活. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Note: 他の人のコメントに返信したい場合は,[Reply to 名前] のボタンを押してください