資料

 
 

プログラムや論文などの資料置き場

※以下の資料はすべて清水に著作権があります。無断の転用、配布などはご遠慮ください。
連絡先:simizu706(アットマーク)gmail.com
アットマークを@に変えてください。

-論文-

ペア・集団データにおける階層性の分析

最近HLMに関する質問が多くなってきたので、ここにもアップしておきます。対人社会心理学研究の6巻です。HLMなどの階層的データ分析についての説明と、SASのMixedでHLMを実行するためのプログラムと解釈例が書いてます。なお、このファイル自体は阪大サーバーにあります。

補足 HLMをSASでやる方法    HLMをSPSSでやる方法

-レジュメ・パワーポイント-

どこかで発表したレジュメ、覚書きなどをアップしています。

Word Minerによるテキストマイニング

テキストマイニング講座で発表したレジュメです。特にWord Minerというソフトウェアについて書いています。といっても、具体的な分析のやり方などについては書いてません。

HLMの分析方法とサンプルデータ

関西学院大学・名古屋大学・北海道大学・広島大学などで行われたマルチレベル分析講習会のレジュメです。このレジュメは、主にHLMについて、その背景と分析方法について触れています。ソフトウェアはSPSSとSASを主に解説しています。また、レジュメに登場するサンプルデータもついています。関心のある人は、一度このデータで分析してみてください。

縦断データのマルチレベル分析

広島大学で行われた縦断データのためのマルチレベル分析講習会のレジュメです。このレジュメでは主に潜在曲線モデリングと階層的線形モデリングについて触れています。ソフトウェアはAmosとSPSSを中心に解説しています。サンプルデータもつけてますので、レジュメと同じ結果が出るか試してみてください。

マルチレベル共分散構造分析とは

第54回日本グループダイナミックス学会のワークショップ、「マルチレベル共分散構造分析 ―個人・集団の階層性を積極的に取り扱うための方法論―」で発表したパワーポイントです。

マルチレベルSEMの解説とサンプルデータの分析例

広島大学・大阪大学で行われたマルチレベル分析研究会で用いたレジュメと、サンプルデータおよびその分析例のファイルをまとめた圧縮ファイルです。なお、サンプルデータはHAD4というマクロ付エクセルファイルに入っています。HAD4については下記にある「階層的データ分析用マクロ HAD4」を参照してください。
なお、SPSSでHLMを行う方法はこちらです。上の資料にもSPSSでHLMを行う方法について詳しく触れています。

階層的重回帰分析をSEMでやろう大作戦

階層的重回帰分析をSEMでやるための方法をまとめてみました。なお、階層的重回帰分析は階層的線形モデリング(HLM)とは別物ですので、注意してください。

Mplusの基本的な使い方 レベル1

構造方程式モデリング用ソフトウェア、Mplusの基本的な使い方です。これで因子分析、パス解析などはとりあえずできます。まだレベル1なので、またおいおいレベルを上げていきたいと思います。
-プログラム-
以下のプログラムは研究用のみに使用してください。

統計分析用マクロ HAD

HADは、心理統計、特に多変量解析を行うためのプログラムです。
分散分析・階層的重回帰分析、因子分析といった、一般的な心理統計用の分析が可能です。
また、級内相関係数や個人・集団レベル相関係数などの、マルチレベル分析用のオプションもあります。

HADの機能については、こちらの記事を参照してください。

※HADを使った分析を論文に書きたいという方は、以下の論文を引用してください。著作権は清水にありますのでよろしくお願いします。

清水裕士 (2016). フリーの統計分析ソフトHAD:機能の紹介と統計学習・教育,研究実践における利用方法の提案 メディア・情報・コミュニケーション研究, 1, 59-73.

階層データ分析用マクロ HADplus

二段抽出モデルをAmosで実行するためのマニュアルです。
ファイルに仮想データをつけています。興味がある人はそれで練習してみてください。

お手軽集団レベル相関(Amos) GroupLevel.lzh

Amosですぐに集団レベル相関の推定と有意性検定がしたいという人向け。上のHADplusとreadmeをよく読んでから使ってください。
なお、上にあるHAD7.2から集団レベル相関の有意性検定ができるようになりました。

ペアワイズ相関分析用エクセルシート

ペアワイズ相関分析を簡単に計算するためのエクセルシートです。マクロは使っていません。こちらは自由に使ってもらって結構です。
使い方はファイルの「分析手順」というシートを参照してください。このファイルでは、4×4までのペアワイズ相関行列を作成できます。
また、上にあるHADは、ペアワイズ相関分析にも対応しています。欠損値にも対応しているので、HADで分析するほうをオススメします。

なお、ペアワイズ相関分析については、上にリンクしている、「ペア・集団データにおける階層性の分析」の論文や、以下の資料を参照してください。

W.イックス & S.ダック 編 大坊郁夫・和田実 監訳
パーソナルな関係の社会心理学(第9章)
北大路書房

石盛真徳・清水裕士 2004
二者データ分析へのペアワイズ・アプローチ
対人社会心理学研究, 4, 121-127.

清水裕士・大坊郁夫 2007
恋愛関係の相互作用構造と関係安定性の関連:カップルデータへのペアワイズ相関分析の適用
社会心理学研究, 22, 295-304.

授業資料

また随時追加します。

 
This entry was posted in 資料. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Note: 他の人のコメントに返信したい場合は,[Reply to 名前] のボタンを押してください