帰属はウケが悪い

今日はGW明けの非常勤。
ガッツリ人数が減ると思ったけど、40人中30人が来ているようだ。
僕の学校ではありあえないことだ。みんなマジメだ。
今日は帰属と認知的整合性理論について講義。
前者は明らかに学生のウケが悪い。次々と寝ていく学生達。
そして認知的不協和理論とかバランス理論の話になると、不思議と学生達が起きて聞いている。
この現象は二通りの説明ができる。
・単に帰属理論よりも認知的整合性理論のほうが面白い
・僕が帰属理論よりも認知的整合性理論のほうが好きで熱が入っていた。
どっちの主効果だったのだろう。

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.

2 thoughts on “帰属はウケが悪い

  1. 清水 says:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なるほど。それもあるかもしれません。
    僕が学部時代のときは、たっぷり寝るとすでに授業が終わっていて先生がいなくなっていた、というのは経験ありますけどね・・・。

  2. kosugitti says:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    帰属のところでたっぷり寝たから、認知的-の時にはもう眠たくなくなっていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Note: 他の人のコメントに返信したい場合は,[Reply to 名前] のボタンを押してください