コミュニケーション理論研究会

通称コミ研。
M1も加わって賑わいを見せているコミ研。
今日は小川先生の論文をネタに議論。
こういう理論についての議論をする場が他にないのが寂しいが、それだけにこの会の意義は大きいと思う。ゼミではできない議論ができるからだ。
あとは、この会のゴールをどこに置くかという点が課題として残っているのだが。

This entry was posted in 研究生活. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Note: 他の人のコメントに返信したい場合は,[Reply to 名前] のボタンを押してください