HAD16.000betaをアップしました。

  久しぶりのメジャーバージョンアップです。HAD16をアップしました。HADについてはこちらの記事をご覧ください。 ベータ版なので、みなさんにいろいろチェックしてもらって不具合を修正していきたいと思います。サ … Continue reading

Posted in HAD | HAD16.000betaをアップしました。 はコメントを受け付けていません。

展開型項目反応理論をStanで推定する

  Stanの記事ばっかりですみません。Stan好きなんです。 さて、最近研究で項目反応理論を使っているので、そのあたりのモデルばっかりやってるんですが、今回はあまり知られていない展開型項目反応理論について紹介 … Continue reading

Posted in 心理統計学 | 展開型項目反応理論をStanで推定する はコメントを受け付けていません。

確率密度関数をStanで推定する

GWですね。僕の本務校は普通に授業日です。さっき授業してきました。 空き時間に、最近取り組んでることの関係のネタを記事にしておきます。   確率密度関数を推定する データを取ったとき、分布をみますよね。主にヒス … Continue reading

Posted in 心理統計学 | 確率密度関数をStanで推定する はコメントを受け付けていません。

項目反応理論をStanで実行するときのあれこれ

  ひさしぶりのブログ記事です。 今回は、項目反応理論をStanで実行するときに知ってると便利なことをまとめておきたいと思います。 項目反応理論とは、テストについての計量モデルで、問題に対する正解・不正解のデー … Continue reading

Posted in 心理統計学 | 項目反応理論をStanで実行するときのあれこれ はコメントを受け付けていません。

あけましておめでとうございます。

  あけましておめでとうございます。2017年になりました。 最近このブログはStanのことしか書いてなかったので、久々に近況報告というか、日記的な記事を書いてみようと思います。 2016年を振り返ってみると、 … Continue reading

Posted in 日記 | あけましておめでとうございます。 はコメントを受け付けていません。

Stanで多次元項目反応理論

  この記事は、Stan advent calendar 2016の19日目の記事です。 今回は、多次元項目反応理論をStanでやってみたいと思います。 ちょっと今回は時間取れなくてやっつけです。すみません。 … Continue reading

Posted in 心理統計学 | Stanで多次元項目反応理論 はコメントを受け付けていません。

Stanで構造方程式モデリングをやってみた

  この記事は、Stan advent calendarの16日目の記事です。 Stan楽しんでますか?楽しいですね。今回は構造方程式モデリングをベイズ推定するぞ☆という話です。   潜在変数を推定す … Continue reading

Posted in 心理統計学 | Stanで構造方程式モデリングをやってみた はコメントを受け付けていません。

「StanとRでベイズ統計モデリング」読書会で発表しました

昨日,「StanとRでベイズ統計モデリング」の読書会をやりまして,そこで発表しました。 読書会についてはこちらの記事をご覧ください。 おおよそ60人ぐらいが参加してきてもらって,盛況でした。あと専門も色んな人がいて,ほと … Continue reading

Posted in 心理統計学 | 「StanとRでベイズ統計モデリング」読書会で発表しました はコメントを受け付けていません。

『StanとRでベイズ統計モデリング』読書会(Osaka.Stan#1)

  先日の記事で告知したように,『StanとRでベイズ統計モデリング』読書会(Osaka.Stan)を開催します。参加登録はこちらからお願いします。。 Stanを触ったことない人,文系で数式もよく分からない人, … Continue reading

Posted in 心理統計学 | 『StanとRでベイズ統計モデリング』読書会(Osaka.Stan#1) はコメントを受け付けていません。

「StanとRでベイズ統計モデリング」をいただきました

  松浦健太郎さん(@berobero11)さんから,ご著書である「StanとRでベイズ統計モデリング」を恵送いただきました。 StanとRでベイズ統計モデリング (Wonderful R) posted wi … Continue reading

Posted in 心理統計学, 本の紹介 | 「StanとRでベイズ統計モデリング」をいただきました はコメントを受け付けていません。