いまさら現象学

次世代研で知り合った、大学2回生に現象学の入門書を紹介してもらいました。
僕はどっちかというとドゥルーズとかフーコーみたいな「反・同一性」というか、「生の哲学」を読むことが多くて、現象学のような「意識の哲学」はあまり読まなかった。で、どうも僕はそのあたりの知識が足りないので、読むことに。

これが現象学だ これが現象学だ
谷 徹 (2002/11)
講談社

この商品の詳細を見る

まだ半分くらいしか読んでないけど、非常にわかりやすい。やや文章が硬くて手ごたえ十分だけど、その分、つっこんだ知識が手に入りますね。新書というのもオススメポイント。
次はデリダだな・・・。

This entry was posted in 本の紹介. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Note: 他の人のコメントに返信したい場合は,[Reply to 名前] のボタンを押してください